父についてご報告

アッサラ-ムアレイコム
‎السلام عليكم

やっと気持ちの整理がついたところで、正式に報告させていただきます。

8月13日の夜、午後10時半頃に、
2年に及ぶ闘病生活を経た父は、
病院のベッドの上で静かに息を引き取りました。

インナーリッラーヒ ワインナーイライヒラージウーン
意: 我々はアッラーに属し、またアッラーの元に還る
アッラーヤルハマ
意: (彼に)アッラーの慈悲がありますように
アーミーン
↑父と撮った最後の写真です。(一般公開のため、顔は伏せました)

正直これでもかってくらいたくさん泣き、悲しみましたが、
もう一方では、(父が)楽になってよかったとも思いました。
最後の方は大分苦しみましたので、
苦しむ父を見るのは本当に辛かったです。
なので、楽になれてよかったと思いました。
↑寝たきりになる直前、ほとんど上の空で会話もほとんどできませんでした。

ジャナーザ(お葬式)も埋葬も済み、
ひと段落したところで、疲れと悲しみがドッと吹き出まして、少し寝込んでしまいました。
ご心配おかけして誠に申し訳ございませんでした。

いつまでも悲しんでいては体に毒なので、
その後はマスジドに行ったり、友達と会ったり、
気分転換をしました。

亡くなってから2週間後にお墓にも訪れました。
とても良い出来で本当によかったなと思いました。
↑とてもシンプルでイスラミックなお墓です。墓石は残念ながらまだできておりませんでした。

お葬式、埋葬の段取りや様子については、 
また別途ブログに綴らせていただきますので、
ムスリムの方にぜひご参考いただければと思います。

とりあえず、今は大分落ち着きました。
アルハムドゥリッラー。

前回のブログの続きもありますので、
父と過ごした最後の様子や日々を綴るために、ゆっくりと再開する予定です。
インシャーアッラー。

父は、Hijabビジネスをしている私をとても誇りに思い、今後もムスリム社会に貢献できるように活躍するよう強く願っていたので、
今まで通り、またはそれ以上に頑張っていこうと思います。

今後もNa'ilah Al'Muslima®︎を宜しくお願い申し上げます。

では祝福された1日を。
ワ-アレイコムアッサラ-ム! 
‎وعليكم السلام

何か不明な点や意見などあれば遠慮なく下にコメントを書いてください。

ただし、攻撃的/批判的なコメントは削除させていただきますので、予めご了承ください。

0コメント

  • 1000 / 1000

Na'ilah Al'Muslima®

オンラインショップ/商品/ブログの更新をいち早く知りたい方はぜひフォローしてください。