なぜアラブ人と結婚したのか?

アッサラ-ムアレイコム!
السلام عليكم
横浜からこんにちは!(^・o・^)ノ"

最近一大決心をして清々しい思いで日々を過ごしているNANAです。٩( ᐛ )و

私はTwitterを最近よく頻繁にしておりまして、
いろんな人の意見が140字以内でサクサク読める魅力に大変魅入られております。(☆∀☆)

そのTwitterの機能の一部なのか、Peing!という匿名で質問を投げかけれるものがありまして、
たまに面白い質問をいただいております。

今回はその中からひとつ紹介したいと思います。

そのご質問はこちら!

『なぜ日本人と結婚せずにアラブ人と結婚したのですか?親からの強制でしょうか。。。』


さて、これはリアルでもたまに聞かれるのですが、
なぜ日本人と結婚しなかったのか?という質問に対しても同じですが、

別にアラブ人だから結婚した訳ではありませんし、親からの強制でもありません。


私の絶対的譲れない結婚相手の条件は、
まず、ムスリムであること。
その次にある程度清潔であること、
そして言葉が通じること、でした。

それらがパスしていれば、あとは人種などは特に問わず、です。

知っている人も多くいますが、
私は20歳の時にどうしても結婚したいと思い、
母にお見合いのセッティングを自らお願いしました。
家族や神様に後ろめたいと思わなくていいような(男性との)繋がりが欲しかったからです。(๑•̀ㅂ•́)و✧

早く結婚した母なら、応援してくれると思いきや、、、
意外にも最初は両親とも反対していました。orz

それは、学歴のなかった母が、
後になって母親業、家事、仕事をしながらも頑張って大学院に通って苦労したので、
私にはちゃんと大学を出て欲しかったのです。

でも、パートナーがあまりにも欲しくて、
勉強に身が入らないと思った私は(笑)必死に説得して、
最終的には母は手伝ってくれることになりました。

今の旦那さんとは3~4度目あたりのお見合い相手で、親戚の中で私を除いて唯一の「残り物」だったのです。爆

彼はイラクで、私は英国だったので、
電話で話したり、Yahooチャットをしたりして、たくさんお話をして、
そんな状態で3ヶ月続けていたら、
プロポーズを正式に受けたので、
シリアで会うことになりました。

彼の母親と私の母親も一緒に同行して、
彼と面と向かって初めて会った5日後に、
二カー(イスラム式結婚)をしました。

ムスリムであること以外に旦那さんで決め手となったのは、
以下の点がクリアされていたからです。

1. 歯が綺麗
2. 靴が綺麗
3. 母親をとても尊敬/大事にしている
4. 話が通じる(会話ができる)
5. 素敵な言葉を沢山かけてくれる


そう、人種は関係なく、

素敵な人がたまたまアラブ人だっただけです。


でも、お見合いで付き添ってくれた母が、
彼に「ナナのこと、どう思う?」と聞いた時、
「まるでバラのような人だよ」と恥ずかしげもなく彼の母親の前でも言ってくれたところは、
日本人男性から期待できそうもない言動かもしれません…(笑)

私はこの言葉でノックアウトされました。(笑)


とにかくなぜアラブ人と結婚したのか?と度々聞かれるので、
ブログでも回答してみようと思いました!

それでは祝福された1日を!
ワ-アレイコムアッサラ-ム! 
وعليكم السلام

★〜ハラールはムスリムが安心する一言 あなたの生活に安心を〜
ハラールオンラインショップ『SALAM SHOP』
★『ムスリムの恋愛は保守的? 日本人とイラク人が国際結婚したら…』
私たち夫婦の出会い・恋愛について受けた取材の記事です。
ムスリムの恋愛について気になる方は是非お読みください。
【SNS】
Twitter 
★公式LINEアカウントも始めました!
「#nailahalmuslima」または「@nailahalmuslima」で検索してお友達追加をしてください。

今後の励みになりますので、ブログ含め、各SNSフォロー/シェア/拡散応援をお願いします!


#イスラム教徒
#日本人ムスリム
#ムスリム
#ムスリマ
#国際結婚
#私の旦那さんはイラク人
#japanesemuslim
#muslim
#japansesemuslimah
#muslimah
#myhusbandisiraqi
#internationalmarriage
#muslimahblogger

何か不明な点や意見などあれば遠慮なく下にコメントを書いてください。

ただし、攻撃的/批判的なコメントは削除させていただきますので、予めご了承ください。

0コメント

  • 1000 / 1000

Na'ilah Al'Muslima®

オンラインショップ/商品/ブログの更新をいち早く知りたい方はぜひフォローしてください。